ホーム > 業務内容 > リフォーム >いつリフォームを考えるのがよいでしょう?

いつリフォームを考えるのがよいでしょうか?

家が建ってから、おおよそ下の表の年数がたったころから、メンテナンスのために各項目のリフォームを検討してください。

経年数リフォーム箇所概要
5〜15年居室の壁・天井張替え塗装の塗り替え、下地や構造、断熱材の補強が必要な場合もあります
10〜15年屋根瓦瓦の部分的な塗り替え
タイル貼り外壁の修繕汚れのクリーニングのほか、目地の補強や浮いたタイルの補修
吹き付け塗装外壁の修繕地他事の補修や吹き付け塗装を行う
15年〜20年システムキッチンの交換コンロや換気扇などを新しく。収納や設備機器を見直す時期
給排水菅の交換サビなどで劣化するので交換。水周りのリフォームと同時がおすすめ
金属製屋根葺き替え下地材を補修し断熱材を新しく、屋根全体を葺き替えます
15年〜25年突きつけ塗装外壁の修繕外壁を除去し、下地の補修、外壁の張替え、吹き付け塗装を行います
居室の壁・天井張替え塗り替え、張替えのほかに下地や構造断熱材の補強が必要な場合も
20年〜30年ユニットバスの交換交換の際に基礎や柱などの痛み具合も確認、もし腐食していれば補修をします
在来工法浴室の修繕内装を除去し基礎部分の補修・補強、その後タイルや浴槽を新しいものに交換

次はリフォームを始める前に知っておきたい知識です。