ホーム > 業務内容 > リフォーム >知っておきたいリフォームの知識

リフォームをはじめる前に知っておきたいこと

住宅のリフォーム工事は新築の工事とは異なるさまざまな特徴があります。リフォームを始める前にこの特徴をよく知っておくことが、トラブルを避けるために大切です。

請負工事とは違うリフォーム工事の特有の事情

工事を始めてからでないと、工事内容を決められない場合がありますよ

仕上げの下地や配管などは、工事を始めてみないとわからない部分があります。下地から取り替えなければならなくなったり、床を空けてみたら構造部分に痛みがあって 補修の必要が出てきたり、当初の想定とは違った工事内容の 変更をする必要が出てくる場合があります。だから、リフォーム工事は新築工事とは違って最初に金額を確定してしまうことには無理があります。こういった事態を想定して 工事が始まる前に施工業者と十分に打ち合わせをしておきましょう。

既存部分との「とりあい」があります

「とりあい」とは家の既存の部分とリフォーム工事で新しく作る部分の隣り合う部分のことです。ここがうまく収まっていないと、それがリフォームの工事が原因なのかどうか 判断がむずかしいので、後でトラブルになりがちです。表面的な原因の特定ができないことが多いので、写真などによる記録をとっておくことが後々のトラブルを避けるのに有効です。

廃棄物の正しい処理が必要です

リフォーム工事をおこなうと必ず廃棄物がでますね。この廃棄物は法律で決められたてづづきに従い、正しく処理をしないと発注したお客様にも責任が 及ぶことになってしまいます。そして、ごみを正しく捨てるにはそれなりのお金がかかることを知っておきましょう。

専門の知識と技術が必要ですよ

リフォーム工事は、小規模なものから大規模なものまでさまざまです。特に構造部分のリフォームには建築士や施工管理技師などの専門技術者による安全上のチェックが 必要です。小規模であっても災害への配慮、健康への影響、既存部分との関係などを考慮する必要があります。工事の規模などによっては、確認申請などの手続きが 必要な場合がありますので、建築士などの専門技術者に相談することが大切です。

もしも不具合があったら?

次はリフォームの進め方です。