ホーム > 業務内容 > リフォーム

リフォーム

リフォームの目的はなんでしょう?どんなリフォームがあるのでしょう?

住み慣れた家に長くくらすために

住まいも人と同じように年をとりふるくなってきます。でも、上手に修繕・メンテナンスをすることで長く、住み慣れた家に暮らし続けることができます。 そのために内装を変えたり、外装の化粧直しをしたりします。

家族の変化に合わせて

子供が大きくなるのに合わせて部屋の間取りを変えたかったり、結婚した子供世帯と住み慣れた家での2世帯同居を考えることはありませんか。 また、子供も自立し、定年後の2人だけの悠々自適の暮らしのために合った住まいに改修することも可能です。ライフステージの段階ごとに適したように住まいを変更することで、 より暮らしやすくなります。

家の性能をグレードアップ

いままで暮らしてきた家の性能をアップして、もっと安全、安心、快適に暮らせるようにします。たとえば、以下のような種類があります。

耐震リフォーム
大分県には大きな地震は起きないと思われていましたが、最近の調査では大きな地震を起こすかもしれない断層の存在が指摘されています。現在、公立学校の 耐震化が進められていますが、私たちが暮らしている住宅も耐震化が望まれます。耐震化はまず、耐震診断によって地震に対する住宅の安全性を チェックして、必要に応じて基礎の補強、柱、梁(はり)などの接合部の補強、耐震壁の増設などを行います。弊社は大分県の耐震診断講習を修了した建築士による耐震診断を 行っています。(大分県の登録業者名簿はこちら) また、あわせて資格をもつブロック塀診断士によるブロック塀の診断も行っています。
省エネリフォーム
住まいの環境をより快適にし、効率的で光熱費を抑える住宅にするための工事です。たとえば、エアコンなどの設備機器をより効率がよい新しいものに 変えたり、窓を二重ガラスで断熱性能がたかいものに変えたり、壁の断熱性能や機密性をあげる工事、屋根への太陽電池の設置、エコキュートなど夜間電気を 使う給湯器の設置などがあります。そのほかにも、屋根・屋上の緑化、日差しをさけるルーバーや外付けブラインドの設置、冬に自然に暖かい蓄熱壁の設置などの 特殊な工法もあります。
バリアフリーリフォーム
高齢の方や障害をお持ちの方が暮らしやすい家にする工事です。段差の解消、手すりの設置、スロープの設置、車椅子が使えるように開口や廊下の幅を 広げたり、安全な動線への間取り変更、照明の変更、入浴補助設備の設置、ホームエレベーターの設置などがあります。高齢の方や障害をお持ちの方はひとりひとり の状態や課題が異なります。また、長い間にその状態が変化していきます。リフォームに当たっては、一人一人の現在の状態と家族全体の暮らし、そして将来の 変化をあらかじめ想定したリフォーム計画を立てることが大切です。弊社では資格を持つ福祉住環境コーディネーターがお客様個別の課題の分析・解決のお手伝いを させていただいて、リフォームの計画を提案いたします。
防犯
空き巣狙いの大半は侵入するのに5分以上かかる家は避けるといわれています。お宅は空き巣に狙われにくい安全なお家ですか? 防犯性能の高いドア、錠前、ガラスなどにすることで、玄関や窓から侵入しにくくすることが できます。また、周囲から見通しを確保して、家へのアクセスを限定するように玄関周り、塀、庭木などを配置することもポイントです。

次はいつリフォームを考えたらよいのでしょうか?です。